どこに相談に行ったらよいか

 このコーナーからのQ&Aもずいぶん重ねてまいりました。

 昨年、あるお母さんから、「自分の子どもがLDだと気づいた。どこに相談に行ったらよいか。紹介してほしい。」というご相談を受けました。
 早速、お住まいの地域の、何人かの先生をご紹介しました。

 インターネットで調べ、早速アプローチされたようですが、「どこも混んでいて、半年以上待たなければなりません。遠くてもよいので...」というご返事がきました。

 私は次のようにお返事しました。

(1)信頼できる先生は、どこも相談が殺到しているという現実があるということ。
(2)親が直接指導することももちろんあるが、子どもに代わって、よい情報を集めるというのは親の仕事であること。
(3)遠くの名医よりも近くの先生や指導者を見つけること。
(4)そのために、近くの親の会などを訪ねると、その地域の最新のよい情報を得ることがあるということ。
(5)医者もそうですが、せっかく行ったが期待はずれだったとあきらめないこと。


 非力さを感じながら、これが精いっぱいでした。
 30年近くも前に、親の会を作る手伝いをしたのは、一人の悩みをみんなの悩みとしてネットワークを作ることが大切と思ったからです。
 そして、私が知る限りの相談できる人や機関をリストにしてあったのですが、それを親の会に託したのも同じ気持ちでした。

 今、LD学会、SENS協会が協力して、文科省から委託事業として開発している「SKAIP」スカイプという名称のプログラムは、学校で発達障害の子ども達を先生自身がアセスメントし、具体的な個別の指導計画を作ることができるように、という目的で着手されました。

 この3月で丸4年の開発が終わり、その後、専門的な教師による使用を可能にしようと取り組んでいます。
 子どもの成長は早く、待たせることは最も避けたいからなのです。

2017年1月18日 10:00 | | コメントを読む (0) | コメントを書く