よい話

 「よい話と悪い話があるのだけれど、どっちから話そうか」

 「よい話から」というのはよくあるセリフですが、前回の話が後者だとすれば、今回は、特別支援教育にまつわる「よい話」です。


 2017年に我が国の特別支援教育は、法律的にも整えられ、大きくそのスタートを切りました。
 私はいくつかの行政区の仕事を手伝っていますが、私が育った都下の渋谷区は「発達障害のある子どものモデル地区にしよう」という掛け声のもと、区長、教育長をはじめ多くの方々の理解の中、着々とその先進実績を積み上げてきています。
 トップの方が代わった今も、その精神は脈々受け継がれていっています。


 今回、矢継ぎ早に、良いニュースが耳に届いてきました。

 その一つは、Word文書を読み上げるソフト「WordTalker(ワードトーカー)」を渋谷区の全小・中学校に1人1台導入というものです。

 説明によれば、
 「渋谷区では、ICT教育を推進する一環で、全児童・生徒に1人1台のタブレット端末を導入し、すべての端末で誰もがWordTalkerを使用できるようにした。これは、読み上げやふりがな等の基本的な機能を必要とする特別支援教育においてICTを活用するためだけでなく、通常学級に潜在する読むことを苦手とする児童・生徒の学習を手助けするのに役立つと判断した」ということです。

 もう一つは、
 現在の学校教育で対応が難しい子どもたちの力を引き出すため、日本財団と東京大先端科学技術研究センターによる共同事業「異才発掘プロジェクト」を、渋谷区も9月から始めたというニュースです。


 私自身、8年以上、発達障害のある子どもたちをどのように支援するかという専門委員会(現在、特別支援教育支援検討委員会)を行政、学校、そして医学・心理学の専門の皆さんと努力してきたのですが、こうした新しい動きは、子どもたちを具体的に支援する具体的な受け皿というか、選択肢を増やすものであり、長年の思いが確実に結実してきたことを実感するものです。

 先進例を作っていくことは、必ず、私たちの地域でもと、多くの方々を勇気づけるよい例になると信じたいのです。

2017年11月29日 10:00 | | コメントを読む (1) | コメントを書く