Q&A(カズ先生からの返信)

ギフテッドから2E(ツーイー)へ」にコメントを寄せていただいた
皆さんへ

ギフテッドとか2Eとか、そうした言葉の理解が広がってきています。
知能が高いお子さんでも、支援が必要な場合があり、
LDとか発達障害が重なっていればなおさらです。

先日も地方のある国立大学で、こうした学生さんを育てるプログラムの
評価委員会がありました。
出席された評価委員のなかにわが国でも有名な理系の大学の先生が出席されており、
アスペルガー症候群の優秀な学生さんもいれば、指導をする教授のなかにも、
似た雰囲気の方もいるとのお話がありました。

上手に育てて、それこそ私たちの明日を豊かにする仕事のできる人にするのか、
その才能をみんなと違う、変わっていると
押しつぶしてしまうのかの差は大きいと思います。

ひとのさまざまな個性や特徴を認めることのできる社会は、
子どもから老人まで、支援の必要な人もそうでない人も、
それぞれに支えあっていくことのできるやさしさのある社会だと思います。

安心して子どもを預けられる学校、安心して歳がとれる社会こそ
私たちが求めている明日の姿です。
そして誰だって支援が必要なときもあるわけですし、
歳をとっていけば誰だって必ず支援が必要になっていきます。
精一杯自立し、社会参加できるよう育てていく一方、
支援が必要な時、必要になった時にはちゃんと声が出せ、
受け入れられる社会になってほしいと思います。

「障害とは理解と支援が必要な個性」であるということをもう一度、
大きな声で言いたいと思います。

2010年12月22日 09:45 | | コメントを読む (2) | コメントを書く


コメント

先生、初めまして。
保育士をしています。

お伺いしたいのは、言葉と感覚についてです。

言葉の遅れといいますが、本などにより定義が異なるため、正確には、どの程度を懸念すべき言葉の遅れとうのか教えてください。

たとえば、一歳半で一語でも出ていれば問題ないのか、そんなにお喋りではないけれども二歳で二語文が少し出ていれば問題ないのか、発音が悪くても語彙数があればよいのかなど、目安を知りたく思います。

また、感覚の偏りという話をよく耳にします。
この偏りに関しても、どの程度を懸念すべき偏りなのかを知りたいです。

すこし敏感、すこし他人と違う、という程度ならたくさんいると思うので、見極めが難しいと感じます。あきらかに、みていておかしいな、という程度が問題視されるのでしょうか。

また、感覚の偏りが延いては、視覚認知や聴覚認知の問題に繋がるという理解でよいのでしょうか?

ということは反対に、たとえば、二歳半で、図形の認識やパズルが出来、文字がすこし読めて、集団での指示も入り、お遊戯もなんとか参加する、という様子であれば、多少感覚の偏りを感じる子供でも、学習障害の可能性はないと考えてよいのでしょうか。

学習障害の要因は、視覚認知と聴覚認知の問題と理解しているのですが、これに関しても教えていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

Posted by: まや | 2010年12月24日 17:18


メッセージ読ませて頂きました。
本当にそのような社会になってくれたらどんなにいいかなと思います。

小3の娘(アスペルガー)は学力は秀でているのですが、そのこだわりの強さで学校に行けない日が増えてきました。マラソンの練習が嫌い(足が遅いので)、掃除が嫌い、そんな理由を口にして、朝は大声を張り上げて泣き叫ぶ状態になってしまいます。

このような娘でも親や協力者の関わり方次第で、将来人のために働ける大人に成長できるのでしょうか?
いつも同じような質問をしてしまって申し訳ありません・・・

それと就学について悩んでいるのですが、今までの公立の普通クラスでいいのか、親の考えで支援学級に移った方が本人のためなのか、あるいはいずれにせよ本人の意思を一番に考えて決めるべきなのか、アドバイス願えればと思います。

Posted by: もも | 2010年12月25日 09:33


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。