スティーブ・ジョブスの言葉

スティーブ・ジョブスが2005年6月に行われた米国スタンフォード大学の
卒業式で行ったスピーチは、分かりやすくまた感動的で
インターネットでもたくさん紹介されています。
私など、自分の卒業式は最前列に座っていましたが式辞などほとんど覚えていません。
その数年前に、J.S.ミルの言葉を引いて
「肥つた豚になるよりは痩せたソクラテスになれ」
と言う一節がマスコミに大きく取り上げられ、
その年も似たような内容だったというおぼろげな記憶だけです。

しかし、スティーブ・ジョブスの、
『今日、皆さんが世界最高の大学の1つを卒業する場に同席できて光栄に思います。私は大学を卒業したことがありません。本当のところ、これは私にとって最も大学卒業に近い体験です。』
に始まるこの時の3つの部分で構成されるスピーチは明快で万人のこころを打ちます。

最初の話は、自分の生い立ちと大学を中退した理由で、
そうした個人のエポックメイキングな経験の一つ一つが
後から見れば意味がありつながっているという話です。
ある意味で試練もすべて神のみ手にあると私は受けとめました。

2つ目の話は「大切なものとそれを失うことについて」なのですが、
アップルでのサクセスストーリーと、なんとそのアップル社を解雇されるという、
天国と地獄の話です。彼は語ります。
『私は大人としての人生全体の中心だったものを失い、それは衝撃的だった。』
続いて
『そのときには分からなかったが、アップルを首になることは私に起こり得る最善のことだった。』
ジョブズはこの人生のどん底で伴侶に巡り会い、子ども、そして家庭を得るのです。
2つ目の話は『だから見つかるまで探し続けなさい。妥協は禁物です。』
で結ばれる。

3番目の話は「死について」です。死生観というのでしょうか。
癌を患い、その闘いの中で彼はたくさんのことをまた学ぶのです。
『今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか』
そして
『自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは人生の重要な決断を助けてくれる私が知る限り最も重要な道具です。』

そして、
『ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ。そして私は常にそうありたいと願ってきました。そして今、皆が卒業して新たに歩みを始めるに当たり、皆もそうあって欲しいと思います。』
と結んでいます。

スティーブ・ジョブス氏の逝去の報に接し、
彼の有名なスピーチを今一度思い出しました。
ご冥福をお祈りいたします。

2011年11月16日 09:40 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。