Q&A(みかんさんへ:カズ先生からの返信)

時計と個性」にコメントを寄せていただいた
みかんさんへ

ご質問に、一般的にお話ししておきましょう。

IQ(知能指数)というのは、知識や判断力、記憶力など、
さまざまな知的能力を総合的に測る指標です。
子どもたちの生活環境の中からサンプルを選んで項目を作成します。
さまざまな学習などの潜在的な能力の基礎能力を反映するともいわれます。

一般に、IQを理解するときには大切なことがいくつかあります。
(1) 十分に熟達した専門家によって測定しなければならないこと。
(2) 使う検査も、信頼できる検査であること。
(3) 結果の説明は、数値だけでなくその意味についてもわかりやすく説明されること。

さてご質問ですが、IQ値はかなり変動性があるので、必ず一つの数値ではなく、
10回測定すれば9回はその範囲におさまる可能性が高い(90%の信頼水準)
といった精度を示したうえで、98-110といった範囲で説明されます。
ですから、一回の検査でIQ125だったといっても、
おおよそのレベルしか推定できません。
小学校以降は次第に安定してきます。
幼児期の測定や一回の測定では誤差もあるので、
いろいろなことを確信を持っていうことはできません。
因みに、ギフテッドと呼ばれるのは確実にIQが130以上で、
それは100人に2人程度の数といわれています。

知能の高いお子さんは、自分で解決したり、工夫したりする力を持つことも多く、
その点で周りの子どもたちから浮いているような印象を持たれるケースもあります。
一つの数値にとらわれることなく、だいたいどのレベルにあるのかを知り、
その子どもの興味や関心を大切に、その発達を楽しみながら見ていく
という姿勢が必要だと思います。

カズ先生

2012年2月 7日 14:44 | | コメントを読む (2) | コメントを書く


コメント

カズ先生、お返事頂きありがとうございました。

その子どもの興味や関心を大切に、その発達を楽しみながら見ていくという姿勢が必要なのですね。浮いてしまって仲間はずれやいじめにあったらと心配していたのですが、私自身の考え方を変えて育児を楽しめるようになりたいです。

IQはかなり変動するとのことでしたが、ちなみに本人の一生(幸せ度や満足度など)を考えた時に、一般的に小さい頃の環境は親が意識的に同じくらいの能力の子と一緒の環境(受験などで国立や私立の学校)に入れてやるほうがいいのでしょうか?思春期を早く迎えるでしょうと言われているので、まわりとずれる事での心配も少しあります。

幼稚園でのトラブル後から、周りに自分を理解してくれる人が少ないのは小さな子どもにとってはかなり辛い事なのではないかと考えるようになりました。学校(特に義務教育)という場所は何年も通わなければいけないので、慎重に考えなければと思っていますので、一般的な話で結構ですので教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Posted by: みかん | 2012年2月 7日 16:16


カズ先生はじめまして。

私には13歳になる息子がおり留学希望致しております。
アメリカの希望する学校では、ESLの他にLD対応も可能ということでしたので、息子がどんな学習に弱点があるか知りたいから日本の病院で検査をして下さい。と言われた為、病院でWISCⅢを受けました。アメリカの学校に結果を転送しましたところ、ウッドコックジョンソンかWECHSLERINDIVIDUAL ACHIVEMENT TEST(WIAT)を病院で受ける様指示がありました。その結果がないと入学許可できないそうです。
日本の様々な医療機関に問い合わせ致しましたが、対応できませんでした。英語なので取り扱い出来ないのでしょうか?
日本語での取り扱いはいつごろになるのでしょうか?
息子は、LD(読み書きと記憶が弱い)なのですが、アメリカで支援学級に入ると効果があるのでしょうか?

発達傷害の留学はほとんどないのか留学センターではほとんど門前払いが現状です。

何とか夢を叶えてやりたく親は最後まで精一杯のことはしようと考えております。

Posted by: seed | 2012年5月22日 16:32


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。