ある判決に思う

先日新聞で、大阪地方裁判所で姉を刺殺した発達障害(アスペルガー症候群)のある
42歳の男性被告に、裁判員裁判で懲役 16 年の求刑は軽いと求刑を超える
殺人罪の有期刑の上限である懲役20年の実刑判決が言い渡されるという記事が載った。
被告人は 30 年間のほとんどを自宅で引きこもる生活を送っていたが、
被告人宅に生活用品を届けていた姉を包丁で突き刺し、死亡させたとされる。
想像するに、何とか自立させたいと必死に関わってきた姉に対する逆恨みが
その動機だったと思われる何とも痛ましい事件であり、同時に、
その判決理由には、司法の発達障害に対する無理解が強く感じられ議論を呼んでいる。

判決理由を読むと、
「十分な反省がないまま社会に復帰すれば同様の犯行に及ぶ心配がある」、
「家族が同居を望んでおらず、障害に対応できる受け皿が社会にない。
 再犯の恐れが強く心配される」
という再犯の恐れや社会秩序の維持を前面に出した判決である。
現在、控訴され、さらに裁判は続くが、残された夫や子どもの悲しみや怒りは
極めて大きく、「一生、刑務所から出られないようにしてほしい」と訴えたとも聞く。

男は小学5年生のころから不登校になり、それから約30年間
ほとんど自宅に引きこもり、中学校での転校を望んだこともあったが実現せず、
姉のせいだと勝手に思い込み恨むようになったという。
姉は引きこもり生活を続ける男に生活用品を届けるなどしていたが、
「食費などは自分で出しなさい」
という姉の残した書き置きに、逆恨みを募らせたそうだ。

被告の年齢を考えると、私どもが発達障害の理解を社会に求めてきた
初期段階の子どもたちと同じ年齢である。
周囲の理解もなく、本人や家族は孤立する中でどれだけ苦しんだことであろうか。
不適切な理解と対応のなかで、登校拒否、引きこもりへと追い込まれていった
結果のすべてを、彼個人の責任とするかのような判決はどうしても納得がいかない。
失われた命の代償は大きいが、彼に関わって命を落とした被害者のことを考えれば、
より長く刑務所に入れておくのではなく、社会が彼をしっかりと理解し、
その心を開く対応をいまこそ全力を挙げてすべきなのではないだろうかと思う。
家族だけに負わせてきた負担を社会が担うことも
彼らへの専門的対応の一部なのではないだろうか。

私も関わる患者や支援者でつくる日本発達障害ネットワークや日本自閉症協会、
日本児童青年精神医学会などの団体は、判決後、
「障害に対する無理解と偏見があり、差別的な判決」
などと批判する声明をそれぞれ発表している。
発達障害者には、全国で設置が進められている発達障害者支援センターや
地域生活定着支援センターで専門的な対応が進みつつあり、
「受け皿がない」とする判決はあまりにも不勉強であると私は思う。

2012年9月19日 09:13 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。