Q & Aから 発達障害の診断を受けています。支援学級の利用を決めたのですが!

Q:4月から小学校に入学します。主治医からは、まわりからは言わない限り発達障害とはわからないと言われました。しかし、学校関係者や主治医の判断で、支援学級の利用を決めました。子どもの気持ちを考えると通常の学級のほうがよかったのかなと悩んでいます。

A:その子どもの周りにどのような支援のためのリソース(資源)があるかはいろいろなので、そうした教育環境のことについて知るべきですし、近年はそうしたリソースはだんだん充実してきています。
全国的には、特別支援学校、固定制の特別支援学級、通級性の特別支援学級、「通級による指導」教室などがあります。地域によって多少そうした体制には違いがあります。

大きくは、知的発達の遅れのある児童生徒のための(固定制)の特別支援学級が、ほとんどの学校に置かれている場合と、学区域にいつか拠点的に置かれている場合とがあります。
また学級と教室制度は多少異なっており、学級の場合は、法的に子どもの数に対してフルタイムの先生の数が定められていますが、教室の場合には非常勤の先生で運営される場合もあるということです。
それぞれの地域によって、そうした違いがあるということも知っておくべきです。

さてこのご質問で大切なことは、お子さんの状態について、知的な発達の遅れがどうなっているかということです。
よくASD(自閉症スペクトラム障害)とかADHD(注意欠陥多動性障害)といった診断名がついている場合、知能の発達にはどのような特徴があるのかによっても適切な支援の場や内容にも相違があります。

このケースなど、親御さんはどのように理解されているのでしょうか。
就学指導相談などで特別支援学級(支援級)を勧めている場合には、知的な遅れが比較的はっきり認められる場合も多いものです。
あるいは、行動的に何らかの支援が必要であることがはっきりしているのかもしれません。
そのために心理的なアセスメントを受けることも大事です。

こうした支援の量と質については、保護者と学校関係者、医療や心理関係の専門家と共通の理解のあることが子どもの支援をしていく場合の鍵になります。
そして何よりも保護者の方が客観的にこのことを知っておかなければ子どもにとって適切な支援のプログラムを展開していくことはできないのです。

単に支援級か通常の学級かという選択ではなく、どの時期には、どこで、どのような支援を受けるのが子どもの発達にとって最も効果的かという判断なのです。
支援のリソースは多様で柔軟に選べるようになることがよい支援のための条件でもあることを、学校関係者も考えなければなりません。

2014年2月19日 08:46 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。