支援教育を「量から質へ」

山口にお住いの友人Fさんは、特別支援教育に関連する情報をインターネットで調べ、 よくお知らせいただいています。
特別支援教育のネット・サーフィンに長けた、ありがたいサーファーなのです。
私など情報のなかで溺れかかっているのでありがたい存在です。

ところで最近の情報で、「教員の定員数に関する文部省と財務省の対立」がありました。

『文部科学省は、平成27年度の予算の概算要求で公立小中学校の教職員の定数を10年がかりで増やす計画を示しました。
これは「教育再生」を掲げて「質」と「数」の一体的な強化を目指したものです。
しかし、教員の定員数については従来からその削減を主張する財務省との対立が続いており、この度、財務省から驚くような試算が示されました。

財務省によると、全国の公立小中学校をすべて標準的な規模に統廃合した場合、教員数は小学校だけで約1万8千人削減できるというのです。
もちろん機械的な試算ですが、刺激的な内容です。
さらに財務省は学級の少人数化についても、その効果を否定しています。 

データによると小学1年生の35人学級導入以前と以後を比較すると「不登校はほんのわずかの減少」「いじめは増加、暴力行為も微増」しており、結果的に「目立った改善は見られず」、35人学級の効果は無いと結論づけたのです。
さらに40人学級に戻せば、必要な教職員数が約4千人減り、人件費の国負担分を年間約86億円削減できるとの試算まで提示しました。』

みなさんこのNEWSを読んでどうお感じになりますか。
教育という重要な営みのなかでの、単純な効果判定、機械的試算、大切な国民を育てていくためにどう考えていくかという長期的かつ深い理解のない、浅い見解です。

かつて、子どもの数が減少に転じた時、私は「教育の量から質への転換の好機」と主張しましたが、子どもの数が減れば、先生の数も減るのは当然と、機械的試算のなか、国立大学の教員養成は2万人から、1万5千人、そして1万人と半減しました。
ただ機械的試算のなかで教員養成数を減らしたのですが、職業としての教員志望を減らし、教員養成力の相対的弱さをまねき、同時に採用数の激減、現場での教員構成の歪みは長く教育現場の土台を弱くしました。

何でも効率とか、経済効果という言葉を珍重する考え方には、長期的な見通しや人間をどう育てていくかという哲学のかけらさえありません。
もちろん国民の税金をどう有効に使うかは大切ですし、私がいつも主張するように、「支援やサービスは利用しやすく、効果がなければその名に値しない」のですが、機械的計算で施策は、最も簡単で、最も効果の少ない方法であることを行政は肝に銘じなくてはなりません。

2014年11月26日 10:13 | | コメントを読む (1) | コメントを書く


コメント

カズ先生 初めまして。
小学6年男子の母親です。視覚認知が弱く書字や板書や作文は苦手ですが、文章題を除けば算数は得意で、彼なりの頑張りで小学校生活を送っています。
中学の支援で通級を希望したのですが、数値が足りないとの事で知的固定級に。確かに数値は境界域ですが、知能のアンバランスさは考慮して頂けなかったのでしょうか。

念の為、普通級在籍の場合に個別の支援をどの位して頂けるのか学区の中学に伺った所、LDに対する個別支援、合理的配慮は現実にはないとの事でした。

勉強を学ぶ場所は学校だけではないと思っていますが、友達と同じ新たな学びや部活動に参加できない事を伝える事が辛くてなりません。

インクルーシブ教育や合理的配慮は、実際現場でどこまで浸透しているのでしょうか。
「うちの区は進んでいます」‥知的固定級の見学に行った際、そこの校長先生が言っておられましたが、認識が違い過ぎるのでしょうか。

どちらを選んでも心のモヤモヤが晴れず、行き場のない気持ちです。子供の未来をどうしてあげたら良いのでしょうか。


Posted by: うみ | 2014年11月27日 13:27


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。