あるお母さんからのお手紙

*************************************************************************
カズ先生
はじめまして。情報を求めて検索していてこちらのブログにたどり着きました。

子どもが小学校高学年になって、はじめて「ディクレシア」という言葉をテレビで知りました。もしかしたら・・・と思ってはいたのですが、あまり気にも留めていませんでした。

確かに子供は漢字を書くことがとても苦手でした。でも読みは出来たし、漢字テストの前日に一夜漬けすればなんとかなったので気がつきにくかったのです。

中学に進学し、英語が始まると英単語がまったく覚えられず、筆記テストで0点が続き、漢字テストもほぼ0点が続いて、再びディスレクシアのことが浮かびました。

スクールカウンセラーに相談すると、その場で「そういう症状の子は一定数います。まず診断をうけましょう」と言われました。
私はてっきり「考えすぎですよ、努力すれば大丈夫、様子をみましょう」といわれるとばかり思っていたので、この症状がやはりディスレクシアの典型的なものなのかとショックでした。

子供自身、テスト成績が悪く、提出物のレポートをストレスで鼻血を出しながら書き、そして人の何倍も勉強しても人の半分も覚えられず、先生からは「なまけている」「バカだ」と思われ続けるという状態は本当につらいものです。

高校受験の内申も始まるというのに、こんなに書けなくては、もはや高校の希望さえないのです。もっと早く小学生の時に気づいていれば・・・

ネットで支援をしてくれる塾等を探して入会してみたものの、漢字や英単語の覚えかたは期待したほどは教えてもらえず、「得意なこと探し」と「将来的に自立できること探し」のように子供は感じて「あきらめることを教えられている」と思ってしまっています。
今はまだLDだと受け入れられないからというのもあるからだと思います。

「こんなことなら夢を持たなければよかった」「将来何物にもなれないのなら学ぶ意味がわからない」「勉強しても出来ないのなら、やってもムダ」と荒れる子供を見ると、早くに気づいてやれなかったことに申し訳なくて、どんなに詫びても到底たりません。


世の中には「ビリギャル」や「下剋上受験」など、頑張れば底辺成績から成功でき・・・式の本がはやり、ディスレクシアも頑張れば覚えられる、努力が足りないと一緒くたにされがちです。中学の先生でさえ正しく理解してくださるとは、あまり期待できません。

どうか、もっと世の中にとりわけ学校や親に LDのことが周知されますように。
そして、仮に軽度であっても早期に気がつけるような世の中になりますように。
そうすることで希望を失う子がひとりでもいなくなりますようにと願うばかりです。

*************************************************************************

 こんな痛切なお手紙いただきました。
 時間はもどせませんし、後悔ばかりでは親子ともども精神的に参ってしまいます。
 私は今、お母さんが事態に気づかれたこと、子どもさんに添って一緒に解決策を、ベストでなくてもベターな道を模索始めている姿から、必ず自立と社会参加の道が見つかると大きな声で言いたい。

 再スタートの体制が整ったのです。これからする努力は、周りとの比較ではなく、この子のできることをしっかり見つめよう、そして、やれることは何でもやってみようという腰の据わったものです。

 一言大切なアドバイスは、周りとの比較ではない、この子らしい道は必ずあるということを信じることから始まるのです。

2017年3月15日 10:00 | | コメントを読む (4) | コメントを書く


コメント

かず先生の、「やれることは何でもやってみよう」という助言に賛成です。特に、テクノロジーが進化し、現在でも入試にも読み上げなどが配慮されるようになっています。タブレットやPCなどで簡単に読むことをサポートできるようになりました。お子さんと一緒に新しい学びかたに挑戦していかれることを願っています。

Posted by: みく | 2017年3月17日 06:32


お母様の心痛は実感としてわかる先輩保護者の一人です。自閉症スペクトラムの子がおります。今からこれからが踏ん張りどころだと思います。お子さんの人生は長いのだから「ピンチはチャンス」と腹をくくり、理解ある支援者を探せばきっと見つかるはずです。しっかり探してじっくりとご相談されることで、お子さんにとって「時間の無駄」にならず、少しでも学ぶことが楽しいと思える場がきっとあると先輩の私は信じ応援しています。親の会なども力になってくれるのではないでしょうか。

Posted by: k太郎の母 | 2017年3月17日 09:58


投稿をとりあげていただいた本人でございます。
カズ先生、コメントくださった皆様のお言葉、心に染みました。
ありがとうございます。
診断名はつきましたが、これからがまた始まりです。
今はまだ学び方や、ご相談先などすべてが模索中ですが、いつか・・・私たち親子の苦戦を経験に、今日お励ましくださった皆様のように、どなたかのわずかばかりのお力になれる日がくるように進んでまいりたいと思います。
カズ先生。とりあげてくださってありがとうございました。

Posted by: ありがとうございます | 2017年3月17日 11:40


息子もディスレクシアです。後悔しないよう「やれることは何でも」実践しております。
校内カウンセラー、特別支援コーディネーターなど、残念ながら期待はできません。
ましてや普通の先生は猶更です。
英単語は書けないのですがリスリングや長文読解は難なくこなすので(ディスレクシア特性)、単語を書けないことは「さぼっている」としか見なされないのです。
親が自ら動くしかありません。
子は漢字・英単語は潰滅的。自分のスペルさえ間違えます。短期記憶が弱いのです。
診断書を医師が記入する際、横について「漢字、英語書くことは非常に困難を要する」など
具体的に明記してもらい、その「診断書」を提示して、公立学校先生方と話し合いをし、細やかに配慮要請をしました。
「書くことに」は健常児より非常に労力を有するので、本人が口頭説明もしくはPCで書き、親がノートに手書きすることを了承してもらいました。
英語の予習や、その他、レポートなどすべて私が書いております。
おかげで子のストレスもいくばくか軽減しておりますし、成績も安定しております。
授業でのタブレットを持ちこみ許可を頂こうとしましたが、子が他人の異なる行動を拒否。
故に親子、2人3脚で勉強に励んでおります。
 英語は「フォニックス」を学ぶと「読める」単語が増えますよ。
できることはたくさんあります。
AIがますます発達してきます。高校受験さえ乗り越えれば、あとはさほど問題ないのではないかと思っております。大学入試は多様化してますし、昨今の大学生は、ノートとらずスマホ撮影で済ます生徒も多いとか。中学もスマホ持ち込みになれば、楽なのですがね(笑)

Posted by: RUKA | 2017年3月25日 23:05


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。