最後のご挨拶

 物事には、始めがあれば、必ず終わりがあります。
 このコーナー「LD先生の子育て相談」も本日が最後です。

 20年近く、フジテレビKIDS「ポンキッキーズ」の番組作成のお手伝いをしてきたご縁で、このコーナーを担当してきました。
 特に、私のライフワークである発達障害に焦点を当てて担当させていただいたことに厚く感謝いたします。

 このコーナーを通して、たくさんの保護者の方や、当事者の方々とのやり取りがありました。
 できるだけ具体的に、ていねいにお答えしてきたつもりです。
 そして、そのやり取りの中で、同じような悩みをもち、ご相談したい方々がいそうな話題は、個人情報に配慮したうえでコーナーでも紹介してきました。

 コーナーを終了する上で一番気になったのは、そうした方々とのご縁を投げ出してしまってはいけないということでした。
 私は、これからもフジテレビKIDS P-kiesクラブを私なりに支援し続けてまいります。
 そして個別のご相談には、
 【カズ先生のホームページ】http://www.u-kaz.com/
 にてお受けいたしますので、どうぞご利用ください。


 最後に、私の半世紀にわたるLD、ADHD、ASD(自閉症スペクトラム障害)など、いわゆる発達障害のある子どもたちとのおつきあいの中で、大切に思う言葉をお伝えし、お別れの言葉といたします。


〇 障害は、理解と支援を必要とする個性である。
〇 私たちの教え方で学べない子どもには、その子の学び方で教えなさい。
〇 支援は利用しやすく、効果がなければ支援とは言えない。


 それでは、明るい希望に満ちた良い年をお迎えください。 
 上野一彦

2017年12月20日 10:28 | | コメントを読む (3) | コメントを書く


コメント

カズ先生

今まで本当にお疲れ様でした。
まさかまさかの最後の投稿に、今までずっと読むだけだった私も最初で最後のメッセージを書こうと思いました。

カズ先生の発達障害児への温かい眼差しで書かれた文章は、いつもわかりやすく、とても参考になる内容ばかりでした。
私もADHDの子どもを持つ親の一人として、何度カズ先生のところに子どもを連れていきたいと思ったことでしょうか。
でも、このブログに書いて下さったことを自分なりに理解して、子供の担任にも伝える努力や、家でもできることをしております。
親子共々、明るく楽しく(時にズッコケていますが)、これからも進んでいきたいと思います。

カズ先生、今まで有意義な内容をお知らせださり、ありがとうございました。
今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

Posted by: ジョー君ママ | 2017年12月28日 16:13


ジョー君ママさんへ

 ポンキッキ―ズにカリキュラム委員として20年近くかかわり、そのご縁でフジテレビKIDSの子育てブログのコーナーを務めてきました。
 思えばずいぶん長かった気がします。

 私は子どもが5人、孫が今度生まれてくる子も含め10人という、少子化の時代には金メダルものなのですが、その子どもや孫たちの育ちを見ていて、少しでも子育ての役立ちたいと思ったのがお引き受けした背景にありました。

 また私のライフワークである発達障害は、私の亡くなった姉、弟に障害があったこと、必死に育てる母の後ろ姿がいつも私の脳裏にあったことなどが、私をその道に導いてくれたきっかけです。


 今回の終わりに、あなたのような視聴者がおられたこと知り、本当にお役に立てたのかなと思いつつも、こうしてお声をいただいたこと私の宝です。

 私のような仕事をしていますと、お子さんの育ちやお母さま方のお姿が大きな励みとなります。どうかこれからも子育てを通してたくさんの生きがいを得てください。

 私もそうした皆様からたくさんのことを学ばせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

Posted by: フジテレビKIDS管理人 | 2018年1月12日 10:36


カズ先生
ブログが終わってしまいとても残念ですが最後に先生にお礼が言いたくてコメントします。

息子が学習障害かもと分かり、何も出来ないまま、日々学校嫌いが増し、不登校になっていきました。
その頃無我夢中で情報を求めてこちらにたどり着きました。
過去の保護者のコメントへの回答のやり取りを含め、本当に勉強になりました。

ブログの「早期発見、早期支援」の言葉に押されて専門家の先生に一刻も早く会わせなければと勇気を出して動くことができました。本当にカズ先生のおかげです。
息子は運よく良き先生に出会い、少しずつ自信を回復しています。ありがとうございます。

また学校側と協力することなど、今の私のあり方はこのブログから学ばせてもらいました。

そしてそのうちブログの更新が遠くにいるカズ先生の授業のように思えてきました。
私のような一保護者もこうして先生の知識と経験と新しい情報を教えてもらえて、本当にありがたいなあと思っていました。励みになりました。

息子を通して特別支援教育を知ることが出来たのは、今は私にとって本当に良かったと思います。

カズ先生、本当にありがとうございました。

最後に、もしできましたら、今後も何らかの形で情報を発信していただけたらとおもっています。

先生、どうぞお体を大切にいつまでもお元気でいてください。


Posted by: とぴ | 2018年1月13日 12:36


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。